« あた・あた・あたった~!!(その3) | トップページ | 研修でした・・・ぬぬ »

2008年12月 9日 (火)

落語三昧~あべの寄席~

Oさんの代わり(?)に阿倍野区民センターへ職場から

既にA事務所のKさん・Nさん、Y屋橋のI×2さんが席を確保してくれてました・・・ありがとさんです

演者・演目は・・・

桂吉之丞「子ほめ」

桂紅雀「向こう付け」

桂雀々「代書」

中入り

桂雀々「手水まわし」

「子ほめ」のオチにはいつも納得がいかない??

前段のフリで、「年令が若い時は、少し年上にほめる」てなことを言われながら何故あのオチになるのか??

喜ぃさん(?)がちょちょまっているのかな??

ほんで、紅雀さん、帳場を言われて家に帰っての嫁さんへのフリ、「帳場」ということ嫁さんに一言も言ってないのに、急に嫁の方から「なんで帳場を受けてきた」みたいな展開に若干違和感

雀々さん、いつもの「ケイ・ジャンジャン」からの入り、代書(代書屋??)に笑いも多い

当然枝雀流、主人公は「松本留五郎」・・・私も同じ歳でした

終わって「赤帽珉珉」で反省会でした

« あた・あた・あたった~!!(その3) | トップページ | 研修でした・・・ぬぬ »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧~あべの寄席~:

« あた・あた・あたった~!!(その3) | トップページ | 研修でした・・・ぬぬ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31