« 落語三昧~桂佐ん吉桂ちょうばふたり会~ | トップページ | 落語三昧~くらわんか寄席~ »

2009年1月 3日 (土)

落語三昧~一心寺亭~

わたしの落語初めは、一心寺シアター倶楽の「一心寺亭」へ

1月1日~3日まで開催されましたが、春団治師の出演する3日目をチョイス、昨年から前売り券買ってました。

演者・演目は・・・

笑福亭呂竹「煮売り屋」

桂阿か枝「竹の水仙」

桂小春団治「猿後家」

中入り

桂米平「立体紙芝居(忠臣蔵)」

桂春団治「お玉牛」

呂竹さん、上方落語界の「出家したH下Tる」「初日の出」でつかみ、「入門して初めて稽古つけてもらった」という「煮売り屋」・・・阿か枝さん、文枝師匠との話~サンTV「人生の切符」から職人・・・「竹の水仙」など

米平さんの立体紙芝居初めて見ました。柳家三木坊(漢字は??)師が30年前までやっていた諸芸を10数年前に復活させたそうです。

他の人はやりません!!「手間のかかるわりにお客にうけない」とのこと・・・なっとく

私的にはもう少し被り物が多い方が・・・。

春団治師、まくら??に「今年もよろしくお願いします」「あと一席おつきあい願います」と短くふって、「お玉牛」へ

登場した時の威厳というか、近づきがたい雰囲気と、噺に入ってからのギャップがたまりません・・・まだまだ現役

090103一心寺シアター倶楽

落語の後は一心寺さんへお参りに・・・私の父親が眠って(?)います

090103_2 一心寺山門

090103_4 一心寺本堂

« 落語三昧~桂佐ん吉桂ちょうばふたり会~ | トップページ | 落語三昧~くらわんか寄席~ »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧~一心寺亭~:

« 落語三昧~桂佐ん吉桂ちょうばふたり会~ | トップページ | 落語三昧~くらわんか寄席~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31