« 落語三昧~タユタウまんぼう大阪記~ | トップページ | 落語三昧~千朝落語を聴く会~ »

2009年12月 5日 (土)

落語三昧~東西交流落語まつりin繁昌亭朝席~

本日は、「落語デー」にと、まずは前売りを買っている「東西交流落語まつりin繁昌亭朝席」へ

東京の噺家さんも登場するため、久々の朝席へ

演者・演目は・・・

全員「ご挨拶」

林家そめすけ「看板のピン」

柳家さん生「亀田鵬斎」

三遊亭春馬「巌流島」

桂米平「鍋墨大根」

はじめに全員が登場

こうした会は、東京・大阪(関西)と互いに行き来してやっているとのこと

そめすけさん、何か落ち着かない(時間の関係かな??)

さん生さん、はじめてのお話です。江戸前(?)のしゃべりで軽快に・・・たまにはええですね

大阪弁は、もっちゃりしてていゃになるぜ!このぜいろくめ!

噺は、有名な書家の亀田鵬斎、孫がお世話になったお礼に、屋台の看板(小障子)に「おでん・燗酒」の文字・・・どんどん売れていく・・・看板~屋台ごともっていかれる

そのお金で店をもとうと・・・鵬斎が看板を書こうとすると

春馬さん、小遊佐師のお弟子さん。元自衛隊員だそうです

笑点でたい平さんの師匠(こん平師)が病気でピンチヒッターで出演している、「小遊佐が大阪に来たときにとどめをお願いします」ってマクラなどから

「巌流島」も変わったお噺でした

米平さんの「鍋墨大根」もはじめてです

昼前に終わって、太融寺の「千朝さんの会」へ

« 落語三昧~タユタウまんぼう大阪記~ | トップページ | 落語三昧~千朝落語を聴く会~ »

落語」カテゴリの記事

コメント

春馬さん、小遊三さんのお弟子さんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧~東西交流落語まつりin繁昌亭朝席~:

« 落語三昧~タユタウまんぼう大阪記~ | トップページ | 落語三昧~千朝落語を聴く会~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31