« 検定三昧〜大阪検定〜 | トップページ | 収穫三昧〜ゴーヤ〜 »

2010年7月 4日 (日)

落語三昧〜動楽亭昼席7月席〜

「なにわ検定」を終わって動楽亭の昼席へ
日曜日でもあり、ほぼ一杯の入り
しかも、若い着物軍団が20名弱ほど
弥生さんと同年代、知り合いかな??
演者・演目は・・・
桂弥生「子ほめ」
桂ひろば「竹の水仙」
桂雀喜「ダンゴマン」(新作)
桂雀松「へっつい幽霊」
中入り
桂宗助「ちしゃ医者」
桂千朝「肝つぶし」
弥生さん、はじめて見ました。なかなか、しっかりした喋り(HS高校出身かな??)
番頭さんとのやりとりのくだりを端折り、オチは「今朝とはお若こう見える、どうみても今夜くらい」
ひろばさん、開口一番「これからはオッサンが続きます」、オチは「彫り物の名人、わたいの胸に刻んでくれた」
雀喜さん、新作です。なかなかおもしろい。ダンゴムシとの・・・視点が奇抜
オチは・・・(書くのやめときます)
(気がむけば追記)

« 検定三昧〜大阪検定〜 | トップページ | 収穫三昧〜ゴーヤ〜 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧〜動楽亭昼席7月席〜:

« 検定三昧〜大阪検定〜 | トップページ | 収穫三昧〜ゴーヤ〜 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31