« 落語三昧〜落語にし・ひがし〜 | トップページ | ぶらり三昧〜門真試験場〜 »

2010年9月20日 (月)

落語三昧〜三喬・団朝ふたり会〜

一心寺シアター倶楽でのお彼岸寄席「笑福亭三喬・桂団朝ふたり会」に来ています
一心寺さんへのお参りを兼ねて・・・
会場は、6〜7割の入り、思っていたより少ない?
演者・演目は・・・
三喬・団朝「トーク」
三喬「墓供養」
団朝「幸助餅」
中入り
団朝「秘伝書」
三喬「べかこ」
最初、舞台左右から2人が登場、「何かトークお題は」と言うと、客席から「襲名」について・・・ということで襲名(特に「米団治襲名」)について
(HPなどで書かないでとの前置きもあり・・・あ~、書きたい)
吉朝師が生きている頃、米朝落語を継承していくのは、吉朝・千朝の2人と見られていたとのこと
本人らもお互いに、吉朝師は「地獄・・・」などお笑いネタを、千朝師は「立ち切れ」などしんみりネタと仕分けされていたそうです
三○「お互い競い合って・・・、うちの福笑・松喬みたいに・・・」
(気がむけば追記)

« 落語三昧〜落語にし・ひがし〜 | トップページ | ぶらり三昧〜門真試験場〜 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧〜三喬・団朝ふたり会〜:

« 落語三昧〜落語にし・ひがし〜 | トップページ | ぶらり三昧〜門真試験場〜 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31