« じょぎんぐ三昧〜初詣(つづき)〜 | トップページ | 飲み三昧〜御重縁結〜 »

2011年1月 3日 (月)

落語三昧〜一心寺亭〜

笑い初め、一心寺シアター倶楽へ
230ほどが満席、私の横は空いてましたけどね
演者・演目は
桂吉の丞「犬の目」
桂阿か枝「太鼓腹」
桂小春団治「旅する小説家」(新作)
中入り
春野恵子「高田馬場」(講談)
桂春団治「寄合酒」
春団治師匠、寄合酒とは珍しい(私はお初でした)
ちょっと、入ってたのか?
数の子を持ってきたくだりの次に「数の子2本・・・」、あれ?「鰹節ちがうかな」と思ってると、すかさず、「前の奴が落としていきおった」と切り返して鰹節へ(ドキドキやぁ)
赤犬が鯛を食ろうて去っていくところを目でおっていく・・・会場から思わず拍手
このところ年のはじまりは春団治師・・・今、見ておかねば
しかし、私の前に座ったお着物姿のおばさま軍団、典型的な「オチを先に言う」タイプ(--;)
思わずしゃべりたいんやろねぇ

« じょぎんぐ三昧〜初詣(つづき)〜 | トップページ | 飲み三昧〜御重縁結〜 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧〜一心寺亭〜:

« じょぎんぐ三昧〜初詣(つづき)〜 | トップページ | 飲み三昧〜御重縁結〜 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31